脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめBest3|頭皮の炎症や痒み対策

 

脂漏性皮膚炎とは・・

頭が痒い

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは、脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)とも呼ばれ、皮脂の多い部位が炎症を起こす症状です。

皮膚が赤く、かさかさとした状態になり痒みを伴います。

頭皮、髪の毛の生え際、鼻の脇、耳や首、わきの下、胸に症状が見られ、酷い場合には髪の毛が皮膚ごと剥がれ落ちてしまうこともあります。

症状が酷い場合には、早めに皮膚科を受診する様にしましょう。

 

脂漏性皮膚炎の原因は?

カビ

脂漏性皮膚炎の原因は、人間の皮膚に住むマラセチア真菌というカビが原因として考えられています。

マラセチア真菌自体は悪者ではないのですが、数が増えすぎてしまうと炎症の原因になってしまいます。

皮脂が過剰に分泌されることで、マラセチア真菌が増殖し、皮脂を分解した時に発生する酵素が炎症や痒みを起こしてしまうのです。

つまり、顔や頭皮が脂っこいテカテカの状態だと、マラセチア真菌が繁殖して脂漏性皮膚炎を起しやすいということです。

その為、脂漏性皮膚炎対策には頭皮の皮脂をキレイに洗い流し清潔に保つことが大切です。

また、このマラセチア真菌が増えないように、抗真菌成分の入ったものを使うことも皮膚科で推奨されています。

 

脂漏性皮膚炎に効果的なシャンプー

脂漏性皮膚炎の患者に、ほとんどの皮膚科医が勧める医薬部外品シャンプー

1位 コラージュフルフルネクストシャンプー

コラージュフルフルネクストシャンプー

200mlタイプ:1,728円(税込)
400mlタイプ:3,240円(税込)

有効成分 ミコナゾール硝酸塩、オクトピロックス(ピロクトンオラミン)
その他の成分 アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液
ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、濃グリセリン、プロピレングリコール、コハク酸一ナトリウム、無水クエン酸、水

脂漏性皮膚炎のシャンプーで、最も使われているものがコラージュフルフルシャンプーです。

ただのシャンプーではなく、医薬部外品となっています。

コラージュフルフルシリーズのシャンプーは脂漏性皮膚炎の患者さんが皮膚科でも勧められているものです。

コラージュフルフルネクストシャンプーには「ミコナゾール硝酸塩」という抗真菌(カビ)成分、オクトピロックスという抗菌・抗酸化成分が含まれています。

その為、脂漏性皮膚炎の原因であるマセラチア菌の繁殖を防ぎつつ、頭皮を清潔に保つことが出来ます。

⇒コラージュフルフルネクストシャンプーの取り寄せはこちら


2位 NOVシャンプー

novシャンプー

250ml:1,728円(税込)

有効成分 ピロクトンオラミン、サリチル酸、グリチルリチン酸2K
その他の成分 ミリスチルベタイン液、水、ラウレス硫酸Na、BG、ラウロイルアスパラギン酸Na液、ラウリルジメチルベタイン
dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、ビタミンE、ポリオキシエチレンジオレイン酸メチルグルコシド
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリル酸共重合体液、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩

N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、クエン酸

novシャンプーのフケ・かゆみ防止シャンプーです。

このシャンプーにはピロクトンオラミンが含まれています。

コラージュフルフルに比べて効果が弱いものの、コラージュフルフルシャンプーの次に推奨されているシャンプーです。

女性の軽度の脂漏性皮膚炎の場合、novシャンプーでも十分という皮膚科の先生もいます。

3位 メディクイックH 頭皮のメディカルシャンプー

200ml:1,022円(税込)

有効成分 ミコナゾール硝酸塩、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸アシルDL-アラニンTEA液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、

ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸Na、濃グリセリン、ロート油、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、POEジオレイン酸メチルグルコシド、ジステアリン酸グリコール、

フェノキシエタノール、ビタミンE、クエン酸、水酸化Na、エデト酸塩、メントール、無水エタノール、香料

抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩と、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。「皮膚科で勧められた」という口コミは少ないものの、成分だけ見てみると効果が期待できそうではあります。


脂漏性皮膚炎に良いと「噂」されているシャンプー※注意点など

オクトセラピエ薬用スキンケアシャンプー

オクトセラピエシャンプー

230ml:1,512円(税込)

有効成分 ピロクトンオラミン
その他の成分 ラウレス硫酸Na、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ソルビット液、ラウリン酸ポリグリセリル、
BG、PG、POE硬化ヒマシ油、香料、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルグァーガム、クエン酸、エタノール、無水エタノール、納豆エキス

有効成分のピロクトンオラミンには抗菌作用があります、マラセチア真菌の増殖を抑えて、フケ痒みを防いでくれます。

しかし、以下の注意書きから、既に脂漏性皮膚炎になってしまった場合には使用を控えた方が良さそうです。

頭皮に湿疹、皮ふ炎(かぶれ・ただれ)等の皮ふ障害があるときには、悪化させるおそれがあるので使用しないでください。

抗菌作用はあるかも知れませんが、ラウレス硫酸Naの洗浄力が強いため肌の皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。

エイチアンドエス(h&s) シャンプー

H&Sシャンプー

520ml:786円(税込)
原産国:タイ

有効成分 ジンクピリチオン液
その他の成分 精製水、ベンジルアルコール、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム、安息香酸ナトリウム、塩化ナトリウム、
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、無水クエン酸、メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液、ラウリル硫酸ナトリウム、香料、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、
セタノール、クエン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸アンモニウム液、高重合メチルポリシロキサン(1)、ジステアリン酸エチレングリコール、塩酸

有効成分は「ジンクピリチオン液」で強い殺菌効果があります。なので、脂漏性皮膚炎の原因にアプローチは出来るのですが、1999年に、国立環境研究所から、成分自体に環境ホルモンに影響を及ぼすことが報告されています。

環境ホルモンとはうつ状態、知能低下、注意力の欠如、アレルギーなどを引き起こす可能性があるということです。

有効な成分が入っているものの、取り扱いには要注意というところです。

「脂漏性皮膚炎に効くシャンプー」としてブログで紹介している方も居ましたが、以下の注意書きがある為、サイト管理者としての立場上、脂漏性皮膚炎が発症している方は使用を控える様に伝えなければなりません。

頭皮に湿疹、皮ふ炎(かぶれ・ただれ)等の皮ふ障害があるときには、悪化させるおそれがあるので使用しないでください。

一定数の症状が緩和したという口コミもありますが、試してみたい方は自己責任ということになります。

フケミン ソフトA5本入り

フケミンシャンプー

10g×5本入り:583円(税込)

有効成分 イオウ、ジンクピリチオン
表示成分 ラウリル硫酸塩、パラベン、黄色5号、黄色4号、香料

有効成分は「ジンクピリチオン液」と硫黄です。

殺菌成分により脂漏性皮膚炎に対してアプローチ出来るものの、「ジンクピリチオン液」については要注意(1999年に環境ホルモンの疑い有り)気になる方は避けましょう。

硫黄はニキビ治療などにも用いられますが、乾燥肌の方の場合、更に肌を乾燥させてしまう恐れもあります。ラウリル硫酸塩が入っているなど、洗浄力も強めです。

皮脂を取りすぎると、体が足りない皮脂を補おうとする為、皮脂が過剰に分泌される悪循環に陥る可能性もあるので、自分の体質と相談して使う必要があります。

また、以下の注意書きが書いてあります。

傷やはれもの・湿疹・かぶれ・ただれ等・異常のある時は、使用しないでください。

使用した結果、自分の体質に合った方も居る様ですが、この注意書きがある為、脂漏性皮膚炎の方は掛かりつけのお医者さんに相談してから使った方が無難です。

バルガス薬用シャンプー

バルガス薬用シャンプー

200g: 1,058円(税込)

原産国 : 日本

有効成分 ピロクトン オラミン、ジンクピリチオン液、イオウ
表示成分 ステアリルアルコール、ジメチコン、塩化アルキルトリメチルアンモニウム液、高重合ジメチコン-1、パルミチン酸セチル、香料、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸ソルビタン、ヤシ油脂肪酸ソルビタン、エタノール、ヒドロキシエチルセルロース、ベントナイト、リン酸、メントール、POE(30)ラウリルエーテル、黄5、緑3

有効成分は「ジンクピリチオン液」と硫黄です。ジンクピリチオン液は環境ホルモンの疑いが指摘されているものの、一定の方から「炎症が治まった」という声も上がっています。

ニナゾルシャンプー (ケトコナゾールシャンプー)

ニナゾ-ルシャンプー

200g: 1,058円(税込)

有効成分はケトコナゾールです。

ケトコナゾールは、日本では皮膚科などで処方してもらうことが出来ますが、市販では販売されていません。個人で購入するには海外から個人輸入する必要があります。

ケトコナゾールには抗真菌(カビ)作用があるため、マラセチア真菌による、ふけ、かゆみ、炎症に効果があると言われています。

 

T/Gel(ニュートロジーナ) コールタールシャンプー

250ml:6,500円

Made in USA

有効成分はコールタールです。

日本では正規ルートで販売されていないため、海外から輸入することになります。

※amazonで買えます。

注意点としては、コールタールには発がん性のリスクがあること。そして、シャンプー自体の匂いが酷いということ(オジサン向けの香料の様な匂い)

「効果があった」という声もありますが、「日本では買えない」「高い」「発がん性」というデメリットを考えると、どのシャンプーを使ってもどうにもならない時の最終手段と考えておくのが良いでしょう。


脂漏性皮膚炎に最適なシャンプーは限られている

コラージュフルフルシャンプー

脂漏性皮膚炎に効くと言われているシャンプーは幾つもありますが、実際に皮膚科医が安心して勧められるのは、その中でもコラージュフルフルシリーズのシャンプーくらいです。

Novシャンプーの場合は、コラージュフルフルシャンプーに比べると抗真菌成分が含まれて居ないので、原因となっているマラセチア真菌に対して十分にアプローチが出来ないという印象です。

その他のシャンプーも、人によっては効果が実感できることもある様ですが、洗浄力が強すぎたり、日本では認められていなかったりと、不安が残ります。

シャンプー選びの2つの方針

  • 抗真菌作用のあるシャンプーで原因に直接アプローチする
  • 頭皮に優しいシャンプーを使って頭皮の健康状態を取り戻す

頭皮の真菌(カビ)対策でシャンプーを選ぶ

マラセチア真菌

コラージュフルフルなど、ミコナゾール硝酸塩ピロクトンオラミンという有効成分の入ったシャンプーを使って、原因にアプローチするということです。

現在よりも優しいシャンプーに変えることで頭皮をケアする

肌に優しいシャンプー

頭皮に優しいシャンプーに切り替えることで頭皮環境を整えて、脂漏性皮膚炎が起こりにくい頭皮状態を目指す方針です。

今使っているシャンプーの質が悪かったり、洗浄力が強すぎる為に頭皮が炎症を起こすことがあります。

実際に、今まで使っていたシャンプーをアミノ酸系の肌に優しいものに変えただけで、症状が改善する方も珍しくありません。

有効成分で脂漏性皮膚炎の原因菌に直接アプローチするなら

コラージュフルフルネクストシャンプー

コラージュフルフルネクストシャンプー

このシャンプーは医薬部外品です。

脂漏性皮膚炎や、頭皮の湿疹で皮膚科にかかると、このシャンプーを勧められます。

持田ヘルスケアから購入することで、フリーダイヤルから製薬会社のプロに頭皮の相談が出来るという点も安心感があります。

頭のフケや痒みで病院に行くのが恥ずかしいという方にとっては、まずはコラージュフルフルシャンプーを電話サポートを受けながら使ってみるといいでしょう。
痒みが酷い場合には、恥ずかしくても病院には行った方が良いんですけどね。

青い方は短髪の方向け

コラージュフルフルネクストシャンプー 青

青いコラージュフルフルは、すっきりさらさらタイプとなっています。

髪の短い方であれば、この青い方を選びましょう。手触りがキシキシするのが気になるようなら、赤い方を使うか、リンスを併用すると良いでしょう。

赤い方は髪が長い方向け

赤いコラージュフルフルネクストシャンプー

赤い方はうるおいなめらかタイプとなっており、女性など髪が長い方向けで、洗い上がりがキシキシしないシャンプーになっています。

リンスを併用すると、より指通りがなめらかになります。

 

頭皮に優しいシャンプーで頭皮環境を整える方針

体に優しい

抗カビ成分に頼るのではなく、毎日使うものを頭皮に優しいものに変えることで、頭皮の炎症や痒みを抑えていこうというシャンプーの選び方です。

例えば、市販の洗浄力の強いシャンプーを使うと皮脂を落としすぎてしまい、体が足りない皮脂を補おうと過剰に皮脂を分泌してしまいます。

その結果、皮膚上の皮脂が多くなってしまい、脂漏性皮膚炎へ発展してしまうケースも少なくはありません。

シャンプーを変えることで、生え際やおでこ、Tゾーンの赤みや炎症が改善したり、ロングヘアーの方は背中のニキビが改善したりと言った効果が見られることもあります。

 

ハーブガーデン

100%天然由来、全身が洗えるシャンプー【Raburo】