1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 脂漏性皮膚炎のシャンプー解析|敏感肌アドバイザーの評価
  3. ≫オクトセラピエ薬用シャンプーは脂漏性皮膚炎の痒みやフケを治せる?

オクトセラピエ薬用シャンプーは脂漏性皮膚炎の痒みやフケを治せる?

オクトセラピエシャンプー

オクトセラピエ薬用シャンプーは脂漏性皮膚炎の頭皮に良いのか?

当サイトの敏感肌の専門家にレビューしてもらいました。

>>敏感肌アドバイザーのプロフィール

オクトセラピエ薬用シャンプーの概要

オクトセラピエ薬用スキンケアシャンプーは、低刺激処方、パラベン、防腐剤不使用の頭皮環境にやさしいシャンプーです。
頭皮をいたわりながら、フケやかゆみの原因にはしっかりとはたらきかけることのできる成分も配合しています。

脂漏性皮膚炎に対するオクトセラピエ薬用シャンプーの主要成分について

抗菌

オクトピロックス(ピロクトンオラミン)

保湿

大豆発酵エキス、ソルビット

洗浄成分

ラウリン酸ポリグリセリル(非イオン系界面活性剤)
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液(両性界面活性剤)

オクトセラピエ薬用シャンプーの洗浄成分は強い?優しい?

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液は低刺激でマイルドな洗浄成分である。

脂漏性皮膚炎の頭皮に対するオクトセラピエ薬用シャンプーの総合評価

オクトピロックスは殺菌役として用いられる成分です。
細菌や真菌に対しても高い抗菌作用が認められていますが、脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌の殺菌ができるかは確かではありません。

一般的なフケやかゆみの場合ならば効果実感は可能でしょう。

配合されている洗浄成分、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液は低刺激でマイルドなもの。
高い起泡性もあり、豊かな泡立ちで、洗い上がりのパサつきも軽減させます。
天然由来の保湿成分と、人の皮脂成分に似た、ラウリン酸ポリグリセリルも配合されているため、
頭皮が保湿され、過剰な皮脂の分泌には改善が期待できるでしょう。

マラセチア真菌の殺菌効果は確かではありませんが、他のシャンプーに比べると保湿成分、洗浄成分はマイルドです。

しかし、公式ページにはかゆみや赤みが発症した場合は使用を中止するよう記載があります。
低刺激ではあれ、化学合成物を配合しているので、すべての人にトラブルが起きないというわけではありません。
脂漏性皮膚炎の場合、かゆみから頭皮を掻いてしまい、摩擦で知らないうちに肌にダメージを与えている場合があります。
頭皮にシャンプーがしみたり、症状が悪化するようなら、使用を中止して様子を見ましょう。
腕の内側、皮膚の薄い部分でのパッチテストは必須です。

>>このレビューをしてくれた敏感肌アドバイザーのプロフィール

サイト管理局による、オクトセラピエ薬用シャンプーのまとめ

フケやかゆみには一定の効果が期待できるものの、脂漏性皮膚炎に対して効果があるとは言えないシャンプーという印象です。

脂漏性皮膚炎の方は原則、避けるのが無難

頭皮に湿疹、皮ふ炎(かぶれ・ただれ)等の皮ふ障害があるときには、悪化させるおそれがあるので使用しないでください。

オクトセラピエ薬用シャンプーについては、amazonなど販売サイトで上記の注意書きが沿えてあります。

フケ、かゆみに悩んでいる程度の方でしたら使ってみても良いかも知れません。

しかし、脂漏性皮膚炎の頭皮に使うのは推奨できません。

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑