1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 脂漏性皮膚炎のシャンプー解析|敏感肌アドバイザーの評価
  3. ≫キュレルシャンプーは脂漏性皮膚炎の頭皮に効く?|専門家の評価

キュレルシャンプーは脂漏性皮膚炎の頭皮に効く?|専門家の評価

キュレルシャンプー

当サイトの敏感肌アドバイザーに、キュレルシャンプーは脂漏性皮膚炎の頭皮に良いのか否かを評価して頂きました。

>>敏感肌アドバイザーのプロフィール

キュレル シャンプー の概要

赤ちゃんでも使える無香料、無着色、弱酸性のシャンプーです。
肌のうるおいに不可欠なセラミドを守りながら、豊かな泡立ちで皮脂や汚れをすっきりと洗い流します。

脂漏性皮膚炎に対するキュレル シャンプー の主要成分について

抗菌

グリチルリチン酸2K(抗炎症作用も)

洗浄成分

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液(合成界面活性剤)
ラウレス硫酸Na(アニオン系界面活性剤)
アルキルグリコシド(非イオン性界面活性剤)

キュレル シャンプー の洗浄成分は強い?優しい?

ラウレス硫酸Naが配合されていることから、洗浄力は強めであると言えます。
ラウリルヒドロキシスルホベタイン液も、低刺激でありながら豊かな泡立ちを実現する成分です。

脂漏性皮膚炎の頭皮に対するキュレル シャンプー の総合評価

低刺激を謳ったキュレルのシャンプーですが、洗浄成分にラウレス硫酸Naが使用されています。
このラウレス硫酸Naは洗浄力が非常に高い成分であると同時に、頭皮にも刺激の強い成分です。

脂漏性皮膚炎の場合、真菌のえさとなる過剰な皮脂をしっかりと落とす必要がありますが、
ラウレス硫酸Naは刺激が強すぎるあまり、シャンプーにはあまり推奨されない成分です。
特に、脂漏性皮膚炎の方は、伴うかゆみから頭皮を掻いてしまい、炎症を起こしている方が多いので、強い成分は刺激となり、ひりつきや症状の悪化を引き起こす可能性もあります。

同様に洗浄力の高いラウリル硫酸Naと比較すると分子の大きさも大きいため、皮膚に吸収されて蓄積する可能性は少ないと言われていますが、確かな安全性は保障されていません。

脂漏性皮膚炎の敏感頭皮に使うシャンプーとしては、あまりおすすめできません。

有効成分にグリチルリチン酸2Kの抗炎症成分が配合されています。
一時的な炎症は治まるかもしれませんが、強すぎる洗浄成分で頭皮の乾燥が進んだ場合、
炎症を悪化させる可能性もあります。

脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌への殺菌作用もないので、キュレルのシャンプーでの症状の完治は難しいと考えます。

>>このレビューをしてくれた敏感肌アドバイザーのプロフィール

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑