1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 脂漏性皮膚炎のシャンプー解析|敏感肌アドバイザーの評価
  3. ≫ニナゾールシャンプー(アメリカ)で脂漏性皮膚炎のフケ・痒みは治る?

ニナゾールシャンプー(アメリカ)で脂漏性皮膚炎のフケ・痒みは治る?

ニナゾ-ルシャンプー

 ニナゾルシャンプーの概要

抗真菌作用の「ケトコナゾール」を配合した薬用シャンプー。
日本では一般的に購入することはできず、病院での処方か、海外から個人輸入する方法で入手可能。

脂漏性皮膚炎に対するニナゾルシャンプーの有効成分について

・ケトコナゾール

ニナゾルシャンプーの洗浄成分は強い?優しい?

ケトコナゾールには皮脂の波状分泌を抑えるはたらきがあります。
皮脂によるベタつきは改善が見込めるでしょう。

脂漏性皮膚炎の頭皮に対するニナゾルシャンプーの総合評価

ニゾナルシャンプーのジェネリック品であるニナゾルシャンプーは、「ケトコナゾール」を配合しており、
脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア真菌のような真菌の増殖を抑えるはたらきがあります。
過剰な皮脂分泌も抑えることができるため、脂漏性皮膚炎を繰り返す悪循環を断ち切ることが可能です。
慢性的な脂漏性皮膚炎により引き起こされる薄毛対策として使用する方もいるようです。

しかし、日本では病院で処方してもらう以外購入することはできず、個人輸入するしか方法がありません。

また、「ケトコナゾール」は医薬品であるため、その副作用についても知っておかなければなりません。
真菌作用が、脂漏性皮膚炎によってダメージを受けた肌に刺激が強すぎる場合があります。
男性ホルモンを低下させたり、副腎脂質ホルモンの低下で副腎機能不全が起こる可能性も指摘されています。

期待できる効果も大きい分、その副作用も大きいと言えるでしょう。

個人的な見解では、脂漏性皮膚炎であってもニナゾルシャンプーを使用するのは控えたほうがいいと考えます。
輸入成分に厳しい基準を設けている日本で販売されていない成分であり、個人輸入の場合も、使用方法や留意事項について誤っていた場合の危険性が高いです。

ニナゾルシャンプーを安易に使用する前に、皮膚科への受診をおすすめします。

>>このレビューをしてくれた敏感肌アドバイザーのプロフィール

サイト管理局のまとめ

日本で流通していないため、海外輸入しか手に入れる方法がありません。

ケトコナゾールは脂漏性皮膚炎に対して効果があると言われている成分であり、皮膚科でも処方されています。

しかし、ステロイドと同様、副作用があるために医師の監督下で使うことが望ましいです。

「どのシャンプーを試しても改善しない」という状況なのであれば、まずは皮膚科を受診するのが先決です。

>>皮膚科の治療内容についてアンケート

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑