1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 脂漏性皮膚炎のシャンプー解析|敏感肌アドバイザーの評価
  3. ≫バルガス薬用シャンプーは脂漏性皮膚炎に効果ある?皮膚の専門家の評価

バルガス薬用シャンプーは脂漏性皮膚炎に効果ある?皮膚の専門家の評価

バルガス薬用シャンプー

脂漏性皮膚炎の頭皮にバルガス薬用シャンプーは推奨できるのか?

敏感肌の専門家にレビューしてもらいました。

>>敏感肌アドバイザーのプロフィール

バルガス 薬用シャンプーの概要

頭皮の皮脂をすっきリと洗い上げ、フケやかゆみを防ぐシャンプーです。
抗炎症成分も配合されているので、ダメージを受けた頭皮のケアも同時に行います。

脂漏性皮膚炎に対するバルガス 薬用シャンプーの有効成分について

抗菌

グリチルリチン酸2K(抗炎症作用も)
オクトピロックス
ジンクピリチオン
イオウ

その他

高重合シリコン(ダメージ保護)

バルガス 薬用シャンプーの洗浄成分は強い?優しい?

洗浄成分AESで頭皮の皮脂を洗い流し、さっぱりさせるため洗浄成分は強めであると言えます。

脂漏性皮膚炎の頭皮に対するバルガス 薬用シャンプーの総合評価

バルガスシャンプーで使用されており、頭皮をすっきり洗い上げる成分としてAESが配合されています。
このAESはAES系界面活性剤のことで、その代表に「ラウリル硫酸Na」があげられます。

ラウリル硫酸Naは、強い洗浄力から頭皮の汚れをすっきり落とすことが可能です。
しかし、脂漏性皮膚炎を患う頭皮には刺激がつよく、ひりつきをおこしたり、かゆみを悪化させる可能性があります。
また、洗浄力が強すぎると、本来肌に必要な皮脂も奪わわ、頭皮の乾燥を促進させてしまう可能性があります。
洗浄力が強いことが必ず良いことであるとは限りません。

細菌の繁殖を抑えるジンクピリチオンも、脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌への効果は期待できません。
細菌を抑制する作用、抗炎症作用の成分は配合されていますが、脂漏性皮膚炎にピンポイントでアプローチできる成分は少ないでしょう。

バルガス薬用シャンプーは、脂漏性皮膚炎に直接的な効果が期待できないばかりか、
ダメージを受けた状態の頭皮に刺激が強かったり、乾燥を促進させて頭皮環境を悪化させる恐れもあります。

>>このレビューをしてくれた敏感肌アドバイザーのプロフィール

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑