1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 脂漏性皮膚炎に関するお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎による抜け毛は治るのか?

脂漏性皮膚炎による抜け毛は治るのか?

sirouseidatumou

脂漏性皮膚炎はそのまま放置してしまうと脂漏性脱毛症の原因ともなるので早めに対処していく必要があります。

脂漏性皮膚炎は、皮脂分泌の多い頭皮などに良く起こる症状であり新生児や思春期以降の成人に多いとされる湿疹の一つで、新生児の場合は自然に完治してしまうのに対し大人になってから発症すると治りが遅くなることがあります。

脂漏性皮膚炎の放置は薄毛を招く

成人してから起こる原因としては、頭皮の常在菌であるマラセチア菌という真菌が異常繁殖して発症するとされており、最初はかゆみを伴い赤みができたりフケが増えるなどの症状が出てきます。

そのまま何もせずに放置してしまうと、今度は脂漏性脱毛症の原因となることもあります。

頭皮環境が悪化することで髪の発育の妨げとなったり生えてきても弱々しい髪しか生えてこずに毛根組織がダメージを受けることで抜け毛が増えて脱毛症となってしまうのです。

皮膚科や頭皮ケアでしっかり治していきましょう

再発を繰り返し慢性化してしまうこともありますので、皮膚科などでステロイド治療やマラセチア菌の増殖を抑える抗真菌薬、かゆみを伴う場合には抗ヒスタミン剤やビタミン剤などで治療をしていくのが良いと言えます。

その他にも、頭皮環境を整えるために頭皮を常に清潔に保ちしっかりと優しく丁寧に洗髪することも重要です。

髪の毛が抜けた後、基本的に新しい髪の毛が生えてきます。

脂漏性皮膚炎で抜けた髪の毛に限らず、抜けた髪の毛は必ず生え変わります。

しかし、髪の毛の土台である頭皮が炎症を起こしたままでは髪の毛が正常に発育することは困難になります。

まずは、頭皮を健やかに回復させることを目標にしましょう。

脂漏性皮膚炎は癖になりやすいので頭皮のケアは継続しましょう

いくら治療を行っても頭皮環境が悪いままだとマラセチア菌がまた増殖して症状が再発する恐れもあります

常に頭皮を清潔にしておくように心がけましょう。

乾燥した状態の頭皮は皮脂分泌が過剰になってしまいますので、頭皮を保湿して乾燥させないことも大事であると言えます。

髪にダメージを与える紫外線を避けることや規則正しい生活を送りストレスを溜めすぎないようにすることも大切となっていきます。

脱毛症にまで進行してしまうと治らないのではないのかと不安に思われることも多いですが、しっかりと症状に見合った治療を行い頭皮環境を整えていくことで脂漏性皮膚炎による脂漏性脱毛症は改善していくことが多いので、あきらめずしっかりと取り組みましょう。

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑