1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 皮膚の専門家による脂漏性皮膚炎のお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎のお肌に合うボディーソープの選び方|全身用石けん

脂漏性皮膚炎のお肌に合うボディーソープの選び方|全身用石けん

ボディーソープ

脂漏性皮膚炎の症状は頭皮や顔、首、身体にも発症します。特に身体にかゆみやひりつきを伴った症状が出ているときに気になるのは、ボディソープはどんなものを使ったらよいか、ということだと思います。今回は脂漏性皮膚炎の方がボディソープを選ぶ際に気を付けたいこと、おすすめのボディソープについてご紹介します。

 そもそもボディソープは洗浄力が強い

顔に使用する洗顔料に比べ、身体に使用する石けんやボディソープは洗浄力が高めに作られています。それは顔に比べ、身体の方が体臭の原因となるアポクリン腺の分布部位が多いためです。そのため、脂漏性皮膚炎の肌にとっては洗浄力が強すぎたり、肌の乾燥を促進させてしまう可能性があります。

固形石けんよりも液体ボディソープがおすすめ

「脂漏性皮膚炎の洗顔せっけんの選び方」の記事でもふれたように、固形石けんは洗浄力が強いものが多いです。洗浄力が強いと、肌に本来必要な油分も奪われてしまうため、乾燥がすすみ、脂漏性皮膚炎の悪化を招きます。

一方、液体ボディソープは複数の界面活性剤を使用できるため、肌への刺激を和らげることが可能です。保湿剤もバランスよく配合されています。2つを比較すると、液体ボディソープの方が脂漏性皮膚炎には断然おすすめです。

 肌に負担の少ない弱酸性成分がおすすめ

液体ボディソープの中でも石けんに使用される界面活性剤をメインにしているものや、アミノ酸系の界面活性剤を使用しているものなどさまざま。人の肌は通常弱酸性なので、ボディソープも弱酸性表示のあるものがおすすめです。アミノ酸系界面活性剤は弱酸性のものが多いため、購入の際の表示をよく確認しましょう。

アミノ酸系界面活性剤はパーム油脂肪酸やヤシ脂肪酸の名前が付くように、植物由来の成分なので肌にも安心して使うことができます。

 真菌作用のある成分を配合しているものが最適

一般的に販売されているボディソープであれば、液体ボディソープで弱酸性表示があり、アミノ酸系界面活性剤を使用したものがおすすめですが、脂漏性皮膚炎の肌に最も有効なのは「マラセチア真菌に作用する真菌効果のある成分が配合されているもの」です。脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌にはたらきかけることによって、症状の改善が期待できます。ドラッグストアなどではあまり見かけないため、皮膚科を受診した際にそうだんするのもおすすめです。

 肌に負担のないもの、原因を改善できるボディソープを

脂漏性皮膚炎の肌は通常よりもバリア機能が低下し、弱った状態です。洗浄力が高すぎるものは避け、肌に負担のないボディソープを選びましょう。脂漏性皮膚炎の根本的な改善に効果的なのは真菌効果のある成分を配合したボディソープです。症状が深刻であれば、こちらもぜひ試してみてくださいね!

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑