1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 皮膚の専門家による脂漏性皮膚炎のお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎のオールインワン選び|敏感肌のプロが教える

脂漏性皮膚炎のオールインワン選び|敏感肌のプロが教える

クリームタイプ

化粧水、乳液、クリームが1つでまかなえるオールインワン化粧品。毎日のお手入れが簡単になるため、人気のスキンケアアイテムですが、実は脂漏性皮膚炎の改善にも非常に有効です。

今回は脂漏性皮膚炎の肌に向けた、オールインワン化粧品の選び方についてご紹介します。

 保湿成分はセラミドに注目

脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌の繁殖を抑えるためには、乾燥による過剰な皮脂分泌を防ぐ必要があります。そのため、肌の保湿は必須です。しかし、脂漏性皮膚炎の肌状態は、肌を守るバリア機能が低下している状態のため、配合されている成分にも注意が必要です。

脂漏性皮膚炎にセラミドが良い?化粧品やサプリ等、どうやって取り入れるの?」の記事でも説明したように、敏感な状態の肌にとって安心して使える保湿成分が「セラミド」です。もともと肌に存在する成分なので安全性が高く、角質層に浸透することで早期に肌状態の変化を実感できる成分です。セラミドの種類や大きさに注意して選びましょう。

 肌に刺激となる成分は避ける

脂漏性皮膚炎のオールインワン化粧品選びは、肌に負担のない成分で選ぶことが重要です。

  • 着色料
  • 香料
  • アルコール
  • パラベン(防腐剤)
  • 石油系界面活性剤(成分表示は、スルホン酸、○○硫酸)

 

これらの成分は少量の配合であったり、肌が健康な状態である場合には問題なく使用できますが、脂漏性皮膚炎のバリア機能の低下した肌には刺激となる可能性があります。特に「石油系界面活性剤」は肌が水分を保つはたらきを阻害し、症状を悪化させる可能性があります。「石油系界面活性剤」に関しては、フリー表示のあるものを選ぶほうがよいでしょう。

化粧品の形状は「ゲルタイプ」を

オールインワン化粧品にも様々な種類がありますが、形状は「ゲルタイプ」を選びましょう。

「ゲル」の形状は水分と油分がバランスよく配合されています。有効成分が肌に浸透した後、肌表面に膜を張り、水分の蒸散を防ぐためうるおいのある肌を持続させ、乾燥した肌状態の改善が可能です。

「ジェルタイプ」のオールインワン化粧品もありますが、こちらは「ゲル」よりも水分量が多くさっぱりした使い心地です。保湿はこちらでも可能ですが、水分を持続して逃げにくくする点で考えれば、「ゲルタイプ」の方が脂漏性皮膚炎の改善には有効です。

成分、形状に注目して肌の機能を高めるケアを

肌に負担の少ない成分を選べば、脂漏性皮膚炎の症状の改善にも有効なオールインワン化粧品。避けるべき成分などに注意して、使い続けられるものを選びましょう!

 

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑