1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 皮膚の専門家による脂漏性皮膚炎のお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎のクレンジング|選び方と肌を傷つけないメイクの落とし方

脂漏性皮膚炎のクレンジング|選び方と肌を傷つけないメイクの落とし方

クレンジング

メイクの汚れを落とすクレンジングですが、その形状には様々なものがあります。また、肌が敏感な状態になっている場合、脂漏性皮膚炎を悪化させないクレンジング方法も重要になります。

今回は脂漏性皮膚炎の方におすすめのクレンジング料と、気を付けるべきクレンジングのポイントについてご紹介します。

クレンジングはこすらないことが鉄則

脂漏性皮膚炎を発症している場合、顔に赤みや湿疹ができてしまうことが多いと思いますが、一番重要なことは皮膚をこすらないこと、摩擦を加えないことです。

赤みの出ている部分は、乾燥がすすみ、肌のバリア機能が衰えている状態です。摩擦による強い刺激は肌を痛めることになり症状の悪化を招きます。

カバー力の強いファンデーションやBBクリームを落とす場合、力を入れて落としている方も多いと思いますが、力を入れたからといってメイクが落ちやすくなるわけではありません。重要なのは顔に付着した油分の汚れをクレンジング料となじませて乳化させることです。

赤みの部分や吹き出物ができている部分は、決してこすらず、やさしくなでるようにクレンジング料をなじませましょう。

なじませは1分間が目安

先ほども説明したように、クレンジングは、肌の付着した汚れとクレンジング料を乳化させることが重要です。

力の強さは関係ありません。そしてなじませの目安は1分間です。1分と聞くと短いように思う方が多いと思いますが、案外実践できていない方が多いです。忘れがちな髪の毛の生え際やあご先、小鼻の脇もしっかり汚れとなじませましょう。

ふき取りタイプ、オイルクレンジングは避けるべき

摩擦が加わるふき取りタイプはNG!

クレンジング料の中に、ふき取りタイプのものがあります。クレンジング料が染み込んだシートでふき取るものや、コットンにふき取りクレンジング料を染み込ませて使用するものがあり、使い方が簡単なので使用している人も多いようです。しかし、脂漏性皮膚炎の肌にはNGです。

物理的なふき取り効果がプラスされることで洗浄力は高まり、シートについた汚れを目で確認できることもあってクレンジングが面倒な人にとっては非常に便利ですが、コットンなどの不織布による摩擦は肌へのダメージになります。また、ほかのクレンジング料に比べてアルコールの配合量も多いため、敏感な状態の脂漏性皮膚炎の肌に使用すると、ひりつきが起こり、症状が悪化する可能性が高いです。

ふき取って洗い流しも必要がないため、非常に便利ですが、肌への負担を考えれば脂漏性皮膚炎の方にはおすすめできません。

オイルクレンジングは肌の乾燥を促進させる

オイルタイプのクレンジングは汚れをすばやく落とすことができ、さっぱりした洗い上がりが特徴です。しかし、オイルクレンジングはその洗浄力の高さから、本来は必要な油分も奪い去ってしまう可能性があります。

肌には外部の刺激から肌を守るためのバリア機能が備わっており、そのバリア機能は水分と油分が適度なバランスにあることで保たれます。しかしオイルクレンジングで本来肌を守るための皮脂が奪われてしまうと、肌の防御反応で過剰に皮脂が分泌されていしまいます。

脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア真菌は皮脂をエサに繁殖します。オイルクレンジングで乾燥が加速すると、皮脂分泌を増やしてしまい、最終的に症状の悪化へとつながるのです。

オイルクレンジングはウォータープルーフのマスカラやクリームタイプのカバー力の高いファンデーションを落とすときのみ使用するものです。普段メイクであればオイルクレンジングではなくても十分落とすことが可能です。

脂漏性皮膚炎の肌にはクリームorジェル系クレンジングがおすすめ

クリームタイプ

扱いやすく、水分と油分のバランスが良いクリームタイプ

クリームタイプのクレンジングは水分と油分のバランスがちょうどよく配合されています。汚れはきちんと落とし、肌に必要な油分は残しつつ、うるおいおキープすることができます。脂漏性皮膚炎の肌にとって、乾燥と摩擦は厳禁です。やわらかいテクスチャーで扱いやすいので、摩擦を加えることなくスムーズに汚れをなじませて落とすことが可能です。

水溶性ジェルクレンジングはさっぱりした洗い上がり

水溶性ジェルクレンジングは油分が含まれていないか、含まれていても少量のため肌に必要な油分をキープすることが可能です。オイルが含まれるクレンジングにある独特なにおいも気になりません。洗浄力が少し弱めですが、パウダータイプのファンデーションであれば十分落とすことが可能です。(商品の成分表示を確認して、「油分」の表示が一番上に記載されていないものが水溶性ジェルクレンジングです。)

肌に負担をかけないことを最優先して

脂漏性皮膚炎の肌にとって、汚れをきちんと落とすことは重要ですが、摩擦や負担を与えることは厳禁です。手早く落としたいために、簡単なクレンジング料を選んだり、雑な落とし方になっていませんか?

毎日行うクレンジングだからこそ、少し気を付けるだけで肌状態を大きく改善させることが可能です。今日からでも実践してみてくださいね!

この記事を書いてくれた敏感肌アドバイザーのプロフィール

サイト管理局からの提案、石けんで落ちるファンデーション

石けんだけで落ちるファンデーションを使うことでクレンジングの負担を減らすことが出来ます。以下の記事を参考にして下さいね。

脂漏性皮膚炎のファンデーションおすすめランキング※脂性で痒い方へ

脂漏性皮膚炎のファンデーション選び|ダメな成分や肌に優しい物を知る

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑