1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 皮膚の専門家による脂漏性皮膚炎のお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎のファンデーション選び|ダメな成分や肌に優しい物を知る

脂漏性皮膚炎のファンデーション選び|ダメな成分や肌に優しい物を知る

ファンデーション

脂漏性皮膚炎でもメイクを楽しみたい、でも肌に安心して使えるものじゃないと心配・・・という方は多いと思います。今回は脂漏性皮膚炎の方に気を付けていただきたいファンデーション選びのポイントをご紹介します。

ファンデーションの配合成分に注目

脂漏性皮膚炎の肌は刺激から肌を守るバリア機能が衰えている状態のため、トラブルを起こさないよう、ファンデーションも配合成分には注意が必要です。

  • 合成香料
  • アルコール
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 紫外線吸収剤

上記の成分は、敏感な状態の肌にとってトラブルを引き起こす可能性があります。
しかし、上記の成分がすべて入っていないファンデーションはほとんどといっていいほど存在しません。それは、上記の成分が通常の健康な肌状態であれば問題なく使える成分であること、そしてメイクの仕上がりや使用感を向上させるために効果的なものだからです。

つまり、脂漏性皮膚炎の方の場合は、上記のような「肌に悪影響を及ぼす可能性がある成分」について理解し、選んだファンデーションに何が入っているか、入っていないのかをきちんと知ることが重要です。その中で、自身の肌に大丈夫なものとそうでないものを見極める必要があります。
化粧品の成分にもメリットとデメリットがあります。すべてをむやみに拒絶するのではなく、成分と自身の肌の相性を知ることが重要です。サンプルをもらって肌で試すか、コスメカウンターで美容部員さんに実際につけてもらって、様子を見てから購入を決めるのも良いでしょう。

スティックタイプ、エマルジョンファンデーションは避ける

脂漏性皮膚炎の肌にとってカバー力の高いファンデーションは負担になります。それは塗布した後、長時間肌にのっていることでの負担と、クレンジングによる負担の2点です。

スティックタイプ、エマルジョンファンデーションは一般的に半分近くが油分でできており、カバー力も高い商品が多くなっています。ファンデーションの質感も固めで、塗布する際に肌の摩擦を生むので脂漏性皮膚炎の方は避けたほうが良いでしょう。

カバー力が高いということはクレンジングも丁寧に行う必要があります。ファンデーションが合わなくて肌トラブルを引き起こす際に、実は不完全なクレンジングが原因であることは多いです。肌を清潔な状態に保ち、やさしくケアすることが重要な脂漏性皮膚炎の肌には、洗浄力の高いクレンジング料も避けたほうがいいので、必然的にカバー力の高いファンデーションはおすすめできません。

それでもカバー力がほしい、という方はBBクリームの使用がおすすめです。

こちらの記事も参考にしてみてください。
脂漏性皮膚炎でも使えるBBクリーム|どれがオススメ?

負担が少なくクレンジングいらずのミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションとは、粉末状のファンデーションです。使用されているミネラルとは、「無機物質」のことを指します。

  • マイカ
  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • 酸化鉄
  • シリカ

ミネラルファンデーションには上記の成分が良く使われています。一見聞きなれないものばかりですが、一般的なファンデーションにも良く使用されています。
「ミネラル100%のファンデーション」と謳っているものは、ファンデーションの粉体をつなぐために使う油剤を配合していないものが一般的です。脂漏性皮膚炎の肌にとって、油分はマラセチア真菌を繁殖させてしまう原因となります。そのため、油剤不使用は魅力的です。

また、油剤を使用しないことから、クレンジングがいらず、洗顔料のみで落とせるミネラルファンデーションも存在します。クレンジングでの摩擦や負担がなくなるため、その点でもミネラルファンデーションは脂漏性皮膚炎の肌に大きなメリットと言えますね。

油分が少なく、質感が軽いタイプがおすすめ

脂漏性皮膚炎の方が使うファンデーションで、最も負担なく安心して使用できるのはミネラルファンデーションですが、その他のファンデーションを使用したい場合の選ぶポイントは、「油分が少ないものであること」「摩擦にならない軽い質感のものであること」です。

皮脂分泌が過剰な状態の脂漏性皮膚炎の肌に、ファンデーションの油分が加わると、症状の悪化を引き起こす可能性があります。なので、ミネラルファンデーション以外であればパウダータイプのファンデーションかルースタイプ(粉状)などの軽めのファンデーションがおすすめです。

また、これらのファンデーションでも、スポンジでつけることで肌にをこすり、摩擦が生まれてしまうので、ブラシにファンデーションを含ませて塗布することで摩擦がなく、軽い仕上がりになります。

スキンケア同様、肌と向き合って選ぶことが重要

ファンデーションは朝メイクをして1日中肌に塗布されている状態のため、その成分選びには気を配る必要があります。また、塗布した後の肌の状態、もちの良さなど、経過を見て使い続けられるものか判断することも重要です。脂漏性皮膚炎であってもきれいにメイクできるファンデーションをぜひ見つけてくださいね。

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑