1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 皮膚の専門家による脂漏性皮膚炎のお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎の紫外線対策について|敏感肌アドバイザーの解説

脂漏性皮膚炎の紫外線対策について|敏感肌アドバイザーの解説

紫外線

日差しが強くなる時になるのが紫外線。肌によくないのは何となくわかるけど、具体的にどんな影響があるかはよく知らない・・・という方も多いのでないでしょうか。しかも、紫外線には脂漏性皮膚炎の症状を悪化させる要因も含んでいます。

今回はそんな紫外線が脂漏性皮膚炎の肌にもたらす影響と、紫外線対策の方法についてご紹介します。

脂漏性皮膚炎の肌に紫外線がもたらす悪影響

紫外線は目に見えません。夏の天気の良い日は紫外線が強そう…という印象がありますが、実は曇りの日でも紫外線量に大きな変わりはありません。しかし、そんな目に見えない紫外線は、肌にあたることで様々な悪影響をもたらします。

肌の乾燥を招き、マラセチア真菌の繁殖を活発化させる

紫外線にはUVA波UVB波の2種類が存在します。

UVA波は肌の深部にまで届きます。肌の真皮のコラーゲンを破壊し、肌内部の水分を奪ってしまいます。肌の乾燥が進むと、防御反応で肌を守ろうとして皮膚から皮脂が過剰に分泌され、その皮脂がマラセチア真菌のエサとなるため、結果的に脂漏性皮膚炎を悪化させてしまうこととなるのです。

過去にスキンケアの基本や化粧品の選び方の記事でもふれたように、マラセチア真菌の繁殖を防ぐためには、乾燥による過剰な皮脂分泌を防ぐために、保湿が重要とご紹介しました。与えるケアも重要ですが、守るケアでも乾燥を防ぐ必要があります。

肌のバリア機能を低下させ、症状を悪化させる

紫外線のUVB波は肌の表面に影響をもたらします。赤みや炎症が起こったり、紫外線の悪影響の代表格であるシミの発生の原因にもなります。

脂漏性皮膚炎を患っている場合、肌表面に赤みがでていたり、小さな吹き出物が多数発症していることもあると思います。その状態の肌に炎症を起こすUVB波が当たれば、脂漏性皮膚炎の症状を悪化させることとなります。

肌がダメージを受けている状態での紫外線は非常に危険です。

脂漏性皮膚炎に重要な紫外線対策

肌に負担にならない日焼け止めを選ぶ

紫外線を防ぐのには日焼け止めを使用することが効果的です。ですが、脂漏性皮膚炎を発症しており、肌が敏感な状態での使用は注意が必要です。SPF値やPA値が自身が受ける紫外線量に適したものか、配合されている成分が肌に負担のないものか、使用後はきれいに落とせるものであるか、など、いつもより気を使って日焼け止めを選びましょう。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

脂漏性皮膚炎の日焼け止め選びを専門家がアドバイス

脂漏性皮膚炎の日焼け止め※おすすめランキング

長袖、帽子などの日焼け止め以外の対策も併用

紫外線を長時間防ぐことのできる日焼け止めは、SPF、PAの値が大きくなるのでそのぶん肌への負担も増加します。

脂漏性皮膚炎の症状がひどい場合、日焼け止めを塗るのを避けたほうがいい場合もあります。日焼け止めだけに頼るのではなく、その他の紫外線対策も併用すべきです。

  • 長袖の着用(UVカット生地)
  • 帽子をかぶる
  • ストール、ネックカバー
  • アームカバー
  • 日傘
  • サングラス

日焼け止めを塗っていても上記の紫外線対策の併用がおすすめです。

日焼け後のアフターケア

うっかり紫外線を浴びてしまった後は、アフターケアが重要です。紫外線を浴びた後の肌は熱を持ち、肌の水分量が低下している状態です。脂漏性皮膚炎を悪化させないためにも、患部をクールダウンさせてあげること、いつも以上に保湿を行い、新しい皮膚が生まれるターンオーバーを促進させることが重要です。

紫外線が脂漏性皮膚炎にもたらす影響を理解しましょう

シミができる以外にもたくさんの悪影響がある紫外線。いつもの生活を送っていたのに症状が悪化した…という場合、紫外線の影響かもしれません。目に見えないものだからこそ、しっかり対策を行い、脂漏性皮膚炎を悪化させないようにしましょう。

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑