1. 脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング
  2. 皮膚の専門家による脂漏性皮膚炎のお役立ち記事
  3. ≫脂漏性皮膚炎の肌にワセリンを塗るのは危険?

脂漏性皮膚炎の肌にワセリンを塗るのは危険?

ワセリン

肌の乾燥を防ぐことができるワセリン。シンプルなアイテムなので、体のさまざまな部位に使用することができ、1つ持っていると便利なアイテムです。しかしインターネット上では脂漏性皮膚炎の肌にワセリンを使用するのは症状が悪化して危険、という情報も見かけます。

正直、ワセリンが脂漏性皮膚炎にとって危険なものではありません。ただ、ワセリンのはたらきを正しく理解しておかなければ、症状を悪化させる可能性があります。

今回はそんな脂漏性皮膚炎とワセリンの関係についてご紹介します。

そもそもワセリンってなに?

ワセリンとは、石油系鉱物油を原料にし、生成を繰り返すことで純度を高めた油です。石油と聞いて驚く方もいるかもしれませんが、石油も元々は植物由来の成分なので純度が高ければ安全性に問題はありません。

ワセリンに、うるおいを与える役割はない

唇や指先に使用することから、ワセリンは乾燥を改善するイメージを持つ方が多いと思います。しかしワセリン自体にうるおい成分が入っているわけではありません。

ワセリンは、肌の内部には浸透せず、肌の表面に膜を張るはたらきがあります。これにより、肌の水分蒸散をふせぎ、うるおいを保つことで乾燥を改善するのです。

ワセリンの「つけすぎ」は脂漏性皮膚炎の悪化を招く

ワセリンは肌表面を覆って水分蒸散を防ぎます。むしろその役割しかないため、塗布する量で効果に変化はありません。ワセリンで表面が覆われれば良いので、使用料はごく少量でOKです。

しかし、ワセリンを薬や美容液のようにたくさん塗布して乾燥を改善しようとする人がいます。ワセリンの成分は油です。マラセチア真菌のエサである皮脂と同じです。そのため、過度なワセリンの塗布は、マラセチア真菌のエサを増やすこととなり、全くの逆効果になります。

ワセリンで乾燥を改善するのであれば、表面に薄く塗布する程度で十分なのです。

肌に蓋をすることが症状の悪化を招く可能性がある

肌表面に膜を張り、水分が逃げないように蓋をする役割のワセリン。ですが、もともとの肌にマラセチア真菌が繁殖している状態であれば、ワセリンで蓋をしてしまうことで、肌内部で繁殖がどんどん進行していくこととなります。「蓋をする」ということは肌を外部刺激から守り、水分の蒸散を防ぐメリットもありますが、肌状態が良くないときに塗布すると、逆効果です。

ワセリンは使用方法に注意して付き合うべき

ワセリンは脂漏性皮膚炎の肌にとって、無条件に危険なものではありません。しかし使用方法には注意が必要です。

  • 薄く少量塗布する
  • 清潔な状態で塗布する
  • 根本的な改善にはつながらないことを知る

上記ポイントを理解して、正しくワセリンを使用しましょう。

励みになります!是非、「イイネ」をお願いします!

脂漏性皮膚炎のシャンプーおすすめランキング

↑市販品を含む14商品をまとめています↑