1. ホーム
  2. 脂漏性皮膚炎
  3. ≫脂漏性皮膚炎を早く治す為に気をつけること(生活習慣編)

脂漏性皮膚炎を早く治す為に気をつけること(生活習慣編)

生活習慣 脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎になると、頭部や顔面に湿疹ができたり、赤くなったり、強いかゆみの症状が出てくる可能性があります。

脂漏性皮膚炎の原因は、頭部や顔面にある常在菌が増殖することによって炎症を起こすといわれていますが、皮膚科に行って治療をすれば治らない皮膚病ではありません。

しかし、一度よくなったとしても再び脂漏性皮膚炎の症状が再発することもありますから、注意が必要になってきます。

なぜ、再発が多いのかというと、いくら病院で治療をしたとしても、常在菌というのは誰でも持っている菌であり、生きている限り付き合っていくものだからです。

常在菌を薬で抑えても、生活習慣が改善されていなければ再び増殖してしまうことは十分考えられます。
ですから、脂漏性皮膚炎の予防や早期に治すために必要になってくることとしては、常在菌である菌を増やさないということが大事になってきます。

常在菌については、皮脂が多いと増殖するといわれていますから、皮脂の過剰な分泌を抑えるということが脂漏性皮膚炎の早期改善と予防に必要なこととなってきます。

そこで、皮脂の過剰な分泌を防ぐためには、生活習慣が大きく関係してきます。

脂漏性皮膚炎の再発を防ぐ為の生活習慣

生活習慣としては、食事、洗顔、洗髪、睡眠などが重要になってきます。

食事について

食事に関しては、皮脂の分泌を促すような脂っこい食事は控え、肌によいとされるビタミンを多く摂取するということが大事になってきます。

脂漏性皮膚炎を早く治すための食べ物、栄養素について

洗顔、洗髪

洗顔や洗髪については、顔や頭にはたくさん皮脂腺が通っていて、皮脂が分泌されやすい部分でもありますから、毎日洗顔や洗髪をして皮脂を落とすということが重要になってきます。

特にシャンプーに関しては、脂漏性皮膚炎の場合は、抗真菌効果がある専用のシャンプーであれば、より治療の改善効果を引き出すことができると考えられます。

注意!!

皮脂を落とすことは重要ですが、洗いすぎるのも良くありません。
強くこすり過ぎたり、日に何度もシャンプーをして皮脂を取りすぎてしまうと、無くなった皮脂を補おうと皮脂が過剰分泌されてしまいます。

睡眠について

睡眠については、睡眠不足になると皮脂の分泌が多くなることもあるため、十分な睡眠時間を確保するということが大事になってきます。

このような生活習慣を改善していくことで、脂漏性皮膚炎の早期改善と予防にもつながっていきます。