1. ホーム
  2. 脂漏性皮膚炎
  3. ≫頭の脂漏性皮膚炎の原因のカビ、マラセチア真菌って何?

頭の脂漏性皮膚炎の原因のカビ、マラセチア真菌って何?

マラセチア真菌

皮膚炎といっても色々なものがありますが、中には脂漏性皮膚炎という炎症もあります。この脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の多い頭部や顔の部分にフケに似た付着物を伴う湿疹や赤い斑点が見られる皮膚炎です。

この脂漏性皮膚には、なりやすい人となりにくい人がいますが、特に乳児や高齢者に多くみられる皮膚炎であり、乳児の場合は、乳児脂漏性湿疹と呼ぶこともあります。

脂漏性皮膚炎の原因としては、マラセチア真菌と呼ばれるカビの一種であるということが分かっています。

マラセチア真菌とは

マラセチア真菌は誰でももっている菌であり、皮膚の皮脂腺から毛穴にいます。

脂漏性皮膚炎は、増殖したマラセチア真菌が皮脂を分解し、そのときに発生する酵素が炎症を起こしています。

ですから、脂漏性皮膚炎の治療方法としては、皮脂をキレイに洗浄し、このマラセチア真菌の増殖を抑えることが主になっています。

脂漏性皮膚炎は再発することが多い

皮膚科では、外用抗真菌薬が処方されます。炎症が酷い場合にはステロイドで炎症を抑えます。

ただし、一度症状は治まったとしても、再発することが多いです。

なので、生活習慣やシャンプーなどを継続して正していく必要があります。

症状が再発しやすい人の特徴としては、脂っこい食べ物を食べ過ぎたりやビタミンB2やB6といったビタミンが欠乏している人です。

脂漏性皮膚炎を早く治すための食べ物、栄養素について

睡眠不足や過度なストレスも脂漏性皮膚炎の再発に繋がります。

普段からの再発予防対策としては、石鹸や刺激の少ないシャンプーを使って、皮脂をしっかり取り除くことが大事になってきます。

また、シャンプーの中には抗真菌薬が含まれたシャンプーもあるので、普段からそういったシャンプーを使用することで再発を予防することができます。

脂漏性皮膚炎はシャンプーが原因?正しいシャンプー方法とシャンプー選び