1. ホーム
  2. 脂漏性皮膚炎
  3. ≫頭皮の臭いは脂漏性皮膚炎が原因?治すにはどうすれば良い?

頭皮の臭いは脂漏性皮膚炎が原因?治すにはどうすれば良い?

頭皮 匂い

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という名前を聞いたことがあるでしょうか。

頭を洗っているのに頭皮の臭いが取れないという場合、この脂漏性皮膚炎を疑ってみましょう。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)とも呼ばれているのですが、マラセチア真菌というカビが原因で引き起こされる症状です。

このカビの特徴は、皮脂が豊富な環境で急激に増殖するということです。また皮脂が多くなくても、ストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れが原因で繁殖することも少なくありません。

食事の偏りやビタミンなどの栄養素の欠如が原因になる場合もあります。

脂漏性皮膚炎の症状

代表的な症状は痒みを伴う炎症フケが大量に出ることです。

頭皮が脂漏性皮膚炎になった場合、どれだけシャンプーを丁寧にしてもすぐにフケが発生してしまうようになります。

脂漏性皮膚炎によって皮膚が剥がれてフケになっているのです。年中フケが出ている場合にも、脂漏性皮膚炎であることを疑った方が良いでしょう。
このような場合は脂漏性皮膚炎であるとすぐに分かりますが、異なる症状として現れるケースがあります。それは頭皮の悪臭です。フケが出た上に、嫌な臭いがしているのなら、脂漏性皮膚炎である可能性は非常に高いといえます。

悪臭も脂漏性皮膚炎によって剥がれた皮膚が原因です。皮膚が化学変化を起こして、加齢臭のような臭いを発生させるからです。

そのまま放置しておくと、化学変化を起こした皮膚は毛穴に入り込んでしまうので注意しなければなりません。毛穴に入り込むと容易には取れなくなり、より強い炎症とともに臭いを放ち続けることになるからです。

臭いだけなら構わないと考えて放置する人がいますが、それは良くありません。皮膚が毛穴を防いでしまうと髪の毛が成長するのを阻害してしまうからです。そして、抜け毛の原因にもなってしまいます。

治すにはどうしたら良い?

皮膚科の受診

こういった症状が見られたら、できるだけ早く皮膚科で受診しましょう。

皮膚科でカビの菌の存在を確認すると、抗菌効果のある薬を処方してもらえます。

炎症が酷い場合にはステロイドが処方されることもあります。

頭部の脂漏性皮膚炎、皮膚科での治療方法について

シャンプーで脂漏性皮膚炎対策

使っているシャンプーの強い界面活性剤や薬品が原因で炎症を起こしているケースが多いため、今使っているシャンプーが自分に合っているのかを確認してみましょう。

脂漏性皮膚炎の方が使うシャンプーとしては、抗真菌成分の含まれたものが理想です。

また、頭皮を洗いすぎるのも良くないため、頭皮の汚れを専用のシャンプーで落とし、激しく擦るような洗髪は行わないように気をつけましょう。

脂漏性皮膚炎(頭皮湿疹)に有効なシャンプーの成分について

脂漏性皮膚炎は治ります

原因となる生活習慣などをしっかり改善しつつ、正しいシャンプーと皮膚科での治療を継続していくことで脂漏性皮膚炎はおさまります。

ただ、脂漏性皮膚炎は再発の多い症状なので、食生活や睡眠など、生活習慣は継続して正すように心がけましょう。

脂漏性皮膚炎に最適なシャンプーの選び方
シャンプー選びで失敗しない為に参考にしてください。